役立った!と思ったら共有

ブラウザをテキストエディタにする魔法のURL

ブラウザをテキストエディタにする魔法のURL

みなさんこんにちは2001Yです。

ちょっと面白いものを見つけたのでご紹介したいと思います。みなさんが使っているSafari、GoogleChromeなどのブラウザをテキストエディタとして使う方法です。ブックマークなどに追加しておいても便利でしょう。

使用方法

URLアドレスバーにこちらを入力するだけです。

data:text/html, <html contenteditable>

capture_1こんな感じで改行もできます。今回はSafariを使用しましたが、GoogleChromeのような他ブラウザだけではなくiPhoneなどのスマホでも利用できるようです。フォントはブラウザによって変動するようです。

コードを見てみた

興味がない場合は「保存方法」へ。

capture_3 capture_4

要素では記入内容が表示されていますが、リソースでは何も表示されていません。若干、CSSが読み込まれているようですが、基本的にブラウザに既存した形の表示になるためフォントなどもブラウザによって変ります。また、リソースには保存されないため履歴などから言っても見返すことはできません。

保存方法

いつも通りメニューバーなどから保存ウィンドウを表示したら、「ソース」手はなく「Webアーカイブ」などの.htmlではない保存方法で保存します。

コードを見てみたでもあるように、リソースとしてはテキストが何も保存されていないので.html以外の保存方法で保存します。

161018-0001

参考

たった一行でブラウザをシンプルなメモ帳に変える方法
あぁ、なるほど。確かに。モダンブラウザでしか使えませんが、たった一行を指定するだけでタブ全体がメモ帳になってくれます(保存とかできないけど → できました汗)。 その魔法の一行はこちら。新しいタブを開いて、URLバーに次をコピペすればOKです。 data:text/html, <html contentedit ...

最後に

myiconテキストエディタなどを開くのは少し時間がかかりますが、今使ってるブラウザ一つで完結できたら便利ですね。
僕もブックマークに保存してブログ作成時に活かして行きたいと思います。
では!

!
 
好きなものはAppleと音楽! 最近カメラにも手を出し始めてみたり? 勉強はできないけど好きなことは好きなだけする男子中学生!2001年生まれ。お誕生日は9/20。

役立った!と思ったら共有

2001Y のアカウント