役立った!と思ったら共有

【Sierra】未確認の開発者のアプリを開く方法

【Sierra】未確認の開発者のアプリを開く方法

みなさんこんにちは、いろいろあって記事を全て消したんですが、なんと「【Sierra】未確認の開発者のアプリを開く方法」が「Sierra 未確認の開発者」でGoogle検索した時にっトップだったんですよ!
capture

でも肝心の記事は消去済み。。。ひどい有様のバックアップからなんとか復元しました。
capture-7※クリックすると拡大してみれます。

強化されたセキュリティ機能「Gatekeeper」

まだ記事にしていませんが、WWDC2016にてGatekeeperの機能(ユーザーを危険なアプリから守る機能)が強化され、今までのように「すべてのアプリケーションを許可」が表示されなくなりました。
6c6597e4832a9f3cd4d0deaf6373dba8

無頓着なユーザーがやばいアプリのインストール手順で設定をいじらないためには有効です。 が、正直開発者を自分が知ってても認識されないこともありますし、わかる人のアプリだけなんて正直厳しい。
f7f63b7568d3e7e25afc1cc1f9fe909f(Impactor.appは開発元が確認されていますが、こちらでそのデータを消去しました。)

EI  Capitanなどの前バージョンで既に起動済みのアプリケーションは今までどうり起動することができます。
開発者が未確認のアプリケーション開く方法は2通りあります。

今まで通り、右クリックから行く

以前から可能でしたが、アプリをDockから開くのではなくFinderから右クリックで「開く」を押すことで起動することができます。
一度この起動方をしたものは例外対象に入れられ次回からは通常起動するだけで利用することができます。
ebbd2d0bf0c9a30e17f4e533e17dd965

設定から臨時的に許可

一度アプリケーションを開き、未確認ですのウィンドウを出します。
f7f63b7568d3e7e25afc1cc1f9fe909f

そしたら システム環境設定>セキュリティとプライバシー に行くとこのような表示になるので「このまま開く」を推します。
342c98c157123559370ea7d69a26941f

コマンドで使用可能に

ターミンル(アプリケーション>ユーティリティー>ターミナル)にてコマンドを実行することで、Gatekeeperを無効化することができます。

無効化

sudo spctl --master-disable

有効化

sudo spctl --master-enable

確認

spctl --status

無効化・有効化、に関してはパスワード承認が必要です。
4173d8d4a97fc9de1daf1ce52a1a7594

有効化すると システム環境設定>セキュリティとプライバシー に「すべてのアプリケーションを許可」が復活します。
7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e

参考

macOS SierraではGatekeeper機能が強化され、開発元が未確認のアプリが利用できない状態に?
 macOS 10.12 SierraではGatekeeper機能が強化され、開発元が未確認のアプリが利用できない状態になるかもしれません。詳細は以下から。

最後に

myiconEl Capitanに加えSierraでもさらにセキュリティが高くなりましたね。
iOSと違って、Macはいつも逃げ道を作ってくれているので助かります。
検索欄TOPは嬉しい!では!

!
 
好きなものはAppleと音楽! 最近カメラにも手を出し始めてみたり? 勉強はできないけど好きなことは好きなだけする男子中学生!2001年生まれ。お誕生日は9/20。

役立った!と思ったら共有

2001Y のアカウント